マクサルトできない人・マクサルトは適正に服用してください

マクサルトは、国際頭痛学会による片頭痛診断基準により「前兆のない片頭痛」あるいは「前兆のある片頭痛」と診断が確定された場合にのみご使用ください。

マクサルトの成分
安息香酸リザトリプタンは脳内の血管内壁にある『セロトニン受容体(5-HT)』に結合することで、拡張した血管を収縮させて頭痛を緩和する効果があります。炎症が起こっている三叉神経(さんさしんけい)にも働きかけることで、神経ペプチド(CGRP)を抑制して抗炎症作用を発揮します。

安息香酸リザトリプタンの効能・作用は『片頭痛』です。頭(脳内)の血管が拡張することで発症する『片頭痛』は慢性化しやすい頭痛ですが、安息香酸リザトリプタンは病的に拡張した血管を選択的に収縮させることで片頭痛の痛みや違和感を緩和してくれます。拡張した血管の周囲には炎症が起こりやすく、その炎症が頭痛の原因になることがありますが、本剤は抗炎症作用もあると考えられています。片頭痛発作が発生した時にすぐに飲むことができる薬で、片頭痛の『急性期治療薬』として適しています。

マクサルトできない人

成分に対し過敏症のある人

本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者に本剤を再投与した場合、過敏症を起こす可能性があるため投与しないこと。

心筋梗塞のある人

本剤と同じ薬効分類に属する5-HT1B/1D受容体作動薬共通の注意事項として設定した。心筋梗塞の既往歴のある患者、虚血性心疾患又はその症状・兆候のある患者、異型狭心症(冠動脈攣縮)のある患者では、重篤な虚血性心疾患様症状があらわれることがあるため投与しないこと。

脳血管障害や一過性脳虚血発作のある人

本剤と同じ薬効分類に属する5-HT1B/1D受容体作動薬共通の注意事項として設定した。脳血管障害や一過性脳虚血発作の既往のある患者では、本剤の血管収縮作用により脳血管障害や一過性脳虚血性発作があらわれることがあるため投与しないこと。

重度の肝機能障害のある人

中等度の肝機能障害患者で本剤の血中濃度が上昇した。本剤は主に肝臓で代謝されるので、重度の肝機能障害患者では血中濃度が更に上昇するおそれがあるため投与しないこと。